大学ののぼり

大学に行くと目にするのぼりがあります。

何を伝える?のぼりの役割

大学ののぼり

春になると、どの学校でも新入生を迎えます。

小学校ではランドセルを背負ったかわいい後姿を見かけますし、中学校でも高校でも、新しい制服に身を包んだ新1年生を見ることが多くなりますね。

春はそんな季節です。

メディアでは大学の入学式を報道していることがあります。

大学の活気ある風景を目にすることができる報道の一コマですが、ここに、のぼりがかなりたくさん映っていることに気がつきます。

大学でのぼり?と思いますが、実は昔から大学の名前を周りの方々に知ってもらうということや、入学して!という生徒募集などに利用されてきたんですね。

生徒募集以外にも、サークルの募集などでのぼりを多く見かけることが多いのです。

大学の入学式ではまさにこのサークルの旗をメディアで見るのですよね。

サークルに入ってください!と、サークル名の入ったのぼりを大学生たちが必死にふりつつ、新入生にサークルを紹介していくという・・・この光景は、日本の春の風物詩ともいえる光景となっています。

大学やそのほかの学校等でも、また塾などでも生徒を募集したり、仲間を募集するということに利用されるこの旗。

日本の文化の中に、しっかり浸透しているということがわかりますね。


Copyright (C) www.miss-bijoux.com. All Rights Reserved.

何を伝える?のぼりの役割